このたびは、SCOAに入会させて頂き誠にありがとうございます。平成31年1月15日に静岡市葵区に「しおうら整形外科・リウマチ科クリニック」を開院した塩浦朋根(しおうらともね)です。
平成8年に浜松医科大学を卒業した後、袋井市立袋井市民病院、長野赤十字病院で研修し、名古屋大学附属病院勤務を経て、2010年4月から2018年11月まで約8年半、JA静岡厚生連 静岡厚生病院で勤務しておりました。厚生病院ではリウマチ科診療部長として、関節リウマチ患者さんの薬物治療、人工関節を中心とした手術治療を行って参りました。
外傷、一般的な運動器疾患の診療と理学療法士によるリハビリテーション、また、専門であるRAをはじめとした関節疾患の診断と治療に力を入れております。RAは肺障害、腎障害などの内科的合併用や、眼障害、皮膚障害など合併症が多い疾患であるため、他科の先生にお世話になることが多い疾患です。開業後は、勤務医時代と異なり、すぐに他科医師にコンサルトというわけにはいかないのが悩みの種です。現在は、RAの患者さんが運動器的な機能を維持しつつ、全身的にも健康な生活を送れるよう、病診連携や診診連携をしっかり構築すべく努力しております。
SCOAの諸先生方におかれましては、今後ともご指導ご鞭撻のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

表紙に戻る