写真は毎秒60コマ ビデオは300-1200fpsで撮れるという優れものです。これで投球障害の患者さんのフォームとか撮って治療に役立てています。これは院長のへたくそな自分のフォームです。

戻る